ZEELANDER 44_01

single_H1_03ZEELANDER 44_03 クラシカルな雰囲気を頑なに守り続ける「GRAND BANKS」や「HINCKLEY」。その対極にあるとも言える、潮っぽさを感じさせないモダンな雰囲気を醸し出す「FIJORD」や「VAN DUTCH」。昨今のマイアミボートショーでは、今までにない新しいカテゴリーのボートを目にする機会が増えている。先に挙げた「GRAND BANKS」のようなビッグネームから、初めて見かける無名のブランドまで、美しく磨き上げられたチークデッキや、メタルパーツの装飾は、眺めているだけでも楽しいものだ。
1992年、オランダの首都アムステルダムから100kmほど北にあるHeegという町に、Wajer親子によって設立された「Wajer&Wajer」は、今年で創業20年を迎える拘りのビルダーだ。創業当時は、「Kapiteinssloep」と名付けられた8mと9mの小型クラシックボートのみだったが、現在では3つのブランドを展開している。ひとつは前記の「Kapiteinssloep」、34フィートと37フィートのスポーツボートをラインナップする「Osprey」、そして、今回シートライアルを行ったこの「ZEELANDER」だ。その群を抜くクオリティが認められ、「Wajer&Wajer」の知名度はヨーロッパはもちろんのこと、アメリカでも急速に上がってきているようだ。
ZEELANDER 44_02 そして実は「ZEELANDER」は昨年から、ミシガン州にファクトリーを構える「S2 YACHTS」でOEM建造されている。「S2 YACHTS」といえば「TIARA」や「PURSUIT」をリリースしていることで有名だ。10年以上前からOEM生産を模索していた同社に、一昨年の暮れに「Wajer&Wajer」から話を持ちかけたことが事の始まりのようだ。2008年のリーマンショック以来、未だ完全に復活したとは言えないアメリカのボート業界。「S2 YACHTS」にとって、このOEM話は生産性の向上や雇用促進に繋がり、「Wajer&Wajer」にとっても安定した量産体制と、価格の低下が見込めることで、両者にとって魅力的な業務提携であるようだ。
「ZEELANDER」のディメンションは全長13.52m、ビームは4.00m。比較的細身なボディにVOLVO IPS600の組み合わせ。このボートはトラディショナルなスタイルに似合わず、IPSを搭載しているのだ。確かに以前シートライアルの模様を紹介した「Hinckley」や「C.W HOOD」、「RIVOLTA」もジェットドライブやサーフェスドライブを採用し、スピードを追求していた。この「ZEELANDER」も、ポッドドライブ搭載によるスピードアップは当然として、燃料消費率の向上や優れた取り回し性など、トラディショナルボートと言えど、最新のドライブには目を背けてはいられない大きなメリットがあるのだ。
トラディショナルかつモダンなデザインは、オランダの有名なヨット・デザインスタジオ、「Cor D.ROVER」によるもの。このスタジオは「HEESEN」や「BURGER」などのメガヨット、「AZIMUT」のMagellanoシリーズのデザインで知られている。設計もメガヨットで有名なあの「Mulder DESIGN」というから、相当に豪華な顔ぶれだ。
ZEELANDER 44_04 全体的なフォルムやデッキ、キャビンレイアウトは、トラディショナルなスポーツボートとしては奇を衒うものではないが、細部のディティールやフィニッシュは、デザイナーやエンジニアが拘り抜いた仕上がりを見せる。メタルパーツの溶接部分、チークやマホガニーを惜しげもなく奢った木工は、微塵の歪みもなく滑らかに仕上げられ、もはや工芸品の域である。
コックピットは大型のベッドにもなるソファとテーブルが備わる開放的なスペース。アッパーデッキはエキゾチックな雰囲気を醸し出す寛ぎのスペースで、ロアーキャビンに目を移せば、オーソドックスなレイアウトながら、そこには温もりのある心休まる柔らかな空間がある。それぞれの場所で微妙に異なる雰囲気が混在しながら、全体としては完璧な調和を見せる。実に巧みなバランスと言えるだろう。(続きは雑誌で)

ZEELANDER 44_9 ZEELANDER 44_08 ZEELANDER 44_05
ZEELANDER 44_10 ZEELANDER 44_6 ZEELANDER 44_07

全てが拘りを感じさせ、落ち着いた雰囲気を醸し出すロアーキャビンの各コンパートメント。温もりのある高級な家具に囲まれた居心地の良さを感じる。左舷側にヘッド&シャワーブース、右舷側には必要と思われる設備がすべて備わるギャレー、それらを挟むようにバウとスターンにそれぞれフルサイズのダブルベッドが配される。細部に至るまで、その造り込みはハイレベルだ。


ZEELANDER 44
全長 13.52 m
全幅 4.00 m
喫水 0.9 m
重量 14 ton
燃料タンク 1,900 L
清水タンク 1,000 L
エンジン 2× VOLVO IPS 600
最高出力 2× 435 hp
スピード Max 36-38 knots
OEM S2 Yachts
デザイン Cor D. Rover – Zeelander
ナーバルアーキテクト Frank Mulder Design

■問い合わせ先
Zeelander Yachts
http://www.zeelanderyachts.com

ZEELANDER 44

text: TAIZO
photo: Makoto Yamada
special thanks: Zeelander Yachts
http://www.zeelanderyachts.com
[Perfect BOAT 2012年12月号掲載/]/※データは掲載時のものです]