REINE DE NAPLES “DAY/NIGHT” 8998
クイーン・オブ・ネイプルズ “デイ/ナイト” 8998



BREGUET [ブレゲ]


 希代の天才時計師として名高いアブラアン-ルイ・ブレゲによって1775年に創設された、機械式時計の歴史に名を刻む老舗マニュファクチュールである「ブレゲ」。メンズのラインナップのなかにも見どころのあるモデルが星の数ほどあるが、レディス・ウォッチでも機械式時計ならではの魅力を色濃く反映している。

 たまご型のケースが愛らしい「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションは、単に優雅なのではなく、複雑かつ精密なメカニズムだけが放つ優美さを持つのが特徴だ。なかでも、新作のコンプリケーションモデル「クイーン・オブ・ネイプルズ “デイ/ナイト” 8998」が加わったことは、本格的な機械式腕時計を望む女性には朗報だろう。

 ダイヤルの下に時刻を表示するブルースチールの時分針と目盛があり、月と太陽が見える。ラピスラズリ製の青空に描かれた雲はマザー・オブ・パールであり、星はゴールド製だ。チタンにエングレービングをほどこした月は24時間かけて一周し、太陽のように12時位置に金色に輝くのは調速機・脱進機である。時刻表示の目盛の役割を持つブリッジをくぐりながら回転する様は、ヒゲゼンマイとテンプの忙しそうな動きと相まって、非常に愛らしい。
 ダイヤルの上層には繊細なギヨシェ彫りが施されており、ベセルとケースをあわせて合計143個のブリリアント・カット・ダイヤモンドで飾られる。まさに存在そのものが希代の逸品である。

REINE DE NAPLES “DAY/NIGHT” 8998
クイーン・オブ・ネイプルズ “デイ/ナイト” 8998
■ムーブメント:キャリバー78CS、自動巻き、シリコン製インライン・スイスレバー脱進機
■パワーリザーブ:57時間
■ケース:18Kホワイトゴールド
■サイズ:40.05×32mm
■シースルーバック
■仕様:ベゼルとダイヤル取り巻きに143個(約1.45カラット)のダイヤモンド、リュウズにブリオレットカットダイヤモンド(約0.26カラット)
■ストラップ:サテン
■3気圧防水
■予価:1,277万8,500円

■問い合わせ先
ブレゲ ブティック銀座  
TEL 03-6254-7211




Calatrava Moon Phase Ref.7121
カラトラバ・ムーンフェイズ Ref.7121



PATEK PHILIPPE [パテック フィリップ]


 機能に裏打ちされたメカニズムの精緻な美を旨とする「パテック フィリップ」から、女性用のプチ・コンプリケーションが登場したと聞けば、ウォッチ・ファンなら手に取らずにはいられないだろう。ケースには33.3mmの小ぶりなラウンド型を採用し、ベゼルに66個、合計で0.54カラットののブリリアントカット・ピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンドがセットされる。

 時計好きには説明するまでもないことだろうが、カラトラバのクラシックなラウンド型ケースには特筆すべき点がある。”オフィサータイプ”と呼ばれるケースは、パテック フィリップの工房で機械加工されたのち、手作業で長時間かけてポリッシュ仕上げを施される。

 側面はデリケートな丸みを帯び、直線のラグとネジ止め式のバーを備えている。これらは約100年前にパテック フィリップが創作した、将校(オフィサー)のための腕時計として高く評価されたものの特徴をこんにちに受け継いでいるのだ。
 クラシックなスタイルながら、裏を返せばシースルーバックから薄型手巻きムーブメントにムーンフェイズ表示機構を搭載した「キャリバー215 PS LU」が鑑賞できるという現代的な側面も持つ。1949年、1951年に特許を取得した信頼性の高いジャイロマックス・テンプと「Spiromax®(スピロマックス)」髭ゼンマイが採用されているのも、 特筆すべきだろう。

 グレイン仕上げが柔らかな雰囲気を与えるクリーム色のダイヤルに、ボリューム感のあるゴールドのインデックスという組み合わせは、ほどよく主張しながらも、全体に品が良く、幅広いシーンに対応できそうだ。6時の位置には、スモールセコンドに加えて、ゴールドの月と星を組み合わせたディスクが見える。その日の月齢を表示するムーンフェイズ機構は、122年間でわずか1日の表示誤差しかないという精密さ。このエレガントなタイムピースは、疑いもなくマニュファクチュール パテック フィリップの偉大な伝統を継承している。


Calatrava Moon Phase Ref.7121

カラトラバ・ムーンフェイズ Ref.7121
■ムーブメント:キャリバー215 PS LU、手巻き
■パワーリザーブ:最大44時間
■ケース:18Kイエローゴールド
■サイズ:径33.3mm、厚さ8.4mm
■サファイヤクリスタル・バック
■仕様:ベゼルに66 個のピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンド(約 0.54 カラット)、ムーンフェイズ表示
■バンド:ハンドステッチ・アリゲーター
■3気圧防水
■価格:338万1,000円

■問い合わせ先
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 
TEL: 03-3255-8109




Limelight Gala(G0A38161)
ライムライト・ガラ



PIAGET [ピアジェ]


 ハイジュエラーとして名声を極める「ピアジェ」だが、同時にオリジナルのムーブメントを自社で設計、開発、製造しているマニュファクチュールとしても相当の実力を誇る。今回ピックアップする「ライムライト・ガラ」は、1970年代に世界を魅了した同社のハイジュエリーウォッチコレクションからインスピレーションを得ている。

 手にした瞬間、上下に伸びたラグを持つラウンド型ケースが目をひく。32mmとこぶりなところも、女性には嬉しい。美しくも、繊細なスタイルには、ハイジュエラーとしての歴史と技術が反映されている。流れるような優美な形状のベゼルからラグにかけては、ブリリアントカット・ダイヤモンドの輝きがグラデーションされている。シルバーのダイヤルに放射状にデザインされたブラックのローマ数字のインデックスもまた、70年代の華やかかりし時代を反映した艶やかさを演出している。心臓部に搭載されるのは、ピアジェ自社製クオーツムーブメントである。

 ホワイトゴールドにブラックのサテン・ストラップ、ピンクゴールドにホワイトのサテン・ストラップという組み合わせに加えて、ホワイトゴールド製ケースにブリリアントカット・ダイヤモンド62個、文字盤にブリリアントカット・ダイヤモンド228個、さらに バックルにブリリアントカット・ダイヤモンド15個を散りばめたモデルもあり、ブラックのサテンまたはブリリアントカット・ダイヤモンド451個を敷き詰めたブレスレットが選べる。

 長らく最高峰ジュエラーとして世界を魅了してきたピアジェならではの技術と感性があますところなく反映された逸品だ。

Limelight Gala(G0A38164)
ライムライト・ガラ



Limelight Gala(G0A38161)

ライムライト・ガラ
■ムーブメント:クオーツ
■ケース:18Kホワイトゴールド
■サイズ:径32mm、厚さ7.4mm
■仕様:ブリリアントカット・ダイヤモンド 62 個(約1.8カラット)、シルバー文字盤
■ストラップ:サテン、ピンバックルにブリリアントカット・ダイヤモンド 1 個
■日常生活防水
■価格:375万9,000円

Limelight Gala(G0A38164)

ライムライト・ガラ
■ムーブメント:クオーツ
■ケース:18Kホワイトゴールド
■サイズ:径32mm、厚さ7.4mm
■仕様 ケース:ブリリアントカット・ダイヤモンド 62 個(約1.8カラット)、文字盤:ブリリアントカット・ダイヤモンド 228 個(約1カラット)、ホワイトゴールド製インデックス
■ブレスレットと一体型クラスプ:ブリリアントカット・ダイヤモンド 451 個(約16.4カラット)
■日常生活防水
■価格:2,688万円

■問い合わせ先
ピアジェカスタマーデスク 
TEL: 0120-73-1874




THE VICTORIA PRINCESS
ヴィクトリア・プリンセス



BACKES & STRAUSS [バックス & ストラウス]


  英国の老舗宝石商である「バックス & ストラウス」が、天才時計師のほまれ高いフランク・ミュラーと手を組んで始めた腕時計作りは、当初から男性向けのジュエリー・ウォッチとして高い評価を得てきた。レディス・モデルでも、英国随一のジュエラーだからこそのダイヤモンドの質の高さが光る。

 可憐なデザインの「ヴィクトリア コレクション」のインスピレーションの源は、19世紀頃に王族や貴族のために製作した2個のハートが連結されたデザインのブローチである。こうした逸話も、顧客名簿に王侯貴族が名を連ねるバックス & ストラウスだからこそだ。ケースそのものは18mmのラウンド型、その外側を囲むようにハートが連なって円を描くフォルムは「永遠に続く愛」を象徴する。

 ダイヤモンドに彩られた輝きはブレスレットまでつながっていく。使用されるダイヤモンドはすべてに最高の輝きをもたらすアイデアル・カットが施されている。表面的な美しさだけではなく、着け心地の良さも重視されている。ブレスレット内側の肌に触れる部分の滑らかな仕上げなど、目に見えない部分まで高い加工技術に裏打ちされた丁寧なフィニッシングが施されている。

 時計の名として冠された「ヴィクトリア」は、もちろん、夫君アルバート公との美しい愛が現代に伝えられるヴィクトリア女王から頂戴したもの。究極の女性らしさ、真実の愛を貫く女王の気高さを形にした逸品といえよう。

THE VICTORIA PRINCESS

ヴィクトリア・プリンセス
■ムーブメント:クォーツ
■ケース:18Kホワイトゴールドまたはローズゴールド
■サイズ:ハート含む外径35mm、ダイアル径18mm
■ダイアル:マザーオブパール
■ブレスレット:ハートが連結したジュエリー・ブレスレット(404個のダイヤモンド、計3.38カラット)
■総カラット:604個のアイデアル・カット ダイヤモンド、合計5.50カラット
■日常生活防水
■予価:945万円

■問い合わせ先
フランク・ミュラー ウォッチランド東京 
TEL: 03-3549-1949


text: Kentaro Tanaka [Trifoglio]
[PerfectBOAT 2014年2月号掲載/※データは掲載時のものです]