01

CENTRAL VIETNAM - Da Nang_h1
経済成長が著しいベトナムの中でも、日進月歩の如く変貌を遂げ、今、国内外から最も熱い視線が注がれるセントラル・ベトナム。その中心が、ベトナム第3の都市「ダナン」だ。今年7月には、ベトナム航空の成田–ダナン直行便も就航。日本からわずか6時間、時差は2時間だから体に無理のないアクセスの良さも魅力だ。そんな、アジアでもっとも勢いのある都市「ダナン」。新たなる”リトリート”(隠れ家)として、今、最も面白い。

03

経済成長とともに熱い注目を浴びる
今が行きどきのリゾート都市

 南北に細長いベトナムのほぼ中央に位置する都市、ダナン。1998年に発足した東西経済回廊(インドシナ半島を東西に結ぶ道路を基盤とした経済開発計画)の終点として、また、天然の良港を持つ立地は、物流の一大拠点を担い、今、アジアの中でも目覚ましい経済発展を遂げている都市の一つである。
 街の風景も、この数年で目まぐるしく変化している。特に街の中心を南北に流れるハン川に、2013年に開通したドラゴン・ブリッジは、街を一層華やかに変貌させた。総工費は1700億VND(約8億1,730万円)。龍を象った型の鋼橋は、その奇抜なデザインもさることながら、毎週末の夜には、龍の口部分から、火と水を吐くアトラクションが行われる。1吐、日本円にして約20万の火を5回ほど吐くのだから、そこからも今の経済成長を見て取れる。
 また、年間を通して温暖な気候に加え、70kmにも及ぶ天然のビーチが続く海岸線は、一大リゾート地区になるポテンシャルを持ち合わせ、ラグジュアリーホテルのオープンラッシュが止まることを知らない勢いだ。

05 ビーチ沿いに立つ唯一の高層型デザインホテル「A La Carte Danang Beach(アラカルト ダナン ビーチ)は、今年6月にオープンした最新ホテルだ。ヴィラタイプの高級リゾートホテルが多いダナンでは、異色のホテルといってもいいだろう。しかし、その高層が最大の魅力になるように作られた22階の屋上プールからは、ダナンの海岸線を一望、素晴らしい眺めが売りだ。
 また、海岸線から続くソンチャ半島の斜面に立つ「Intercontinental Danang Sun Peninsula Resort(インターコンチネンタル・ダナン・サン・ペニュンシュラ・リゾート)」は、ロビー階が最上階となり、遥か下に見えるビーチへと続く傾斜に、階段状にホテル棟やヴィラ棟が立つ。メインダイニングである「Citron(シトロン)」の、まるで宙に浮いているかのようなプライベートブースは、ベトナムの伝統の帽子「ノンラー」を逆さまにしたユニークデザインが、話題のレストランとなっている。その他、ダナンの前身にもあたるチャンパ王国をコンセプトに作られたリゾート「Pulchra Resorts(プルクラリゾート)」など、旅のスタイルに合わせてホテルの選択が可能なほど、様々なタイプのラグジュアリーホテルが立ち並ぶ。
 更にダナンが他のリゾート地と比べ、国内外から注目される理由が、近郊にある2つの世界遺産へのアクセスの良さ、そして、充実したゴルフコースがあることだ。

12 のコピー ライダーカップの伝説的ゴルファー「モンティ」こと、コリン・モンゴメリーが監修した「モンゴメリー・リンクス」は、米フォーブス誌の、アジアのエリートゴルフコーストップ10にも選ばれる実力を持つ。コースはイン、アウトともにパー36。バンカーやフェスキュー、砂地が要所にあるチャレンジャブルなゴルフが楽しめる。またグレッグ・ノーマンが手がけた「ダナン・ゴルフクラブ」は、自然の造形を活かした18ホールのチャンピオンコース。丘や湖、灌木などが、そのまま残され、まさに自然の中でプレーしているようなリンクス・スタイルのゴルフが楽しめる。その中でも16番ショートホールの、南シナ海に向かって打ち下ろす爽快感は格別だ。全てのホールにカートが乗り入れられるのも嬉しい。クラブハウスの設備も充実している洗練されたリゾートコースだ。
 そして世界遺産の町「ホイアン」へは、たいていのホテルからの無料送迎バスを運行しており、アクセスも抜群。16世紀末~17世紀末、海のシルクロードの中継地として繁栄したホイアンには、当時、日本からも朱印船が盛んに往来、1,000人以上が暮らす大規模な日本人町もあったとされる町だ。また、ダナン市内から車で1時間ほど走った内陸部にはもう一つの世界遺産「ミーソン遺跡」もある。ここは、かつてこの一帯を支配し、海洋交易で繁栄したチャンパ王国の聖域だ。祠堂に施された巧みな彫刻や建築技法、独自の文字が刻まれた碑文などは、発達した文化をもつ王国であったことを証明する。世界広しといえど、観光素材がこれほど揃ったビーチリゾートは、そうそう見当たらないだろう。


Banyan Tree Lang Cô

Banyan Tree Lang Cô


ベトナムの最新デスティネーションは
静寂を味方につけたハイダウェイ・リゾート

 ダナンから北上するとすぐ、ベトナムを地理的にも風土的にも2分する要衝、ハイヴァン峠となる。海抜は496mと、それほど高くない峠だが、この峠を境に気候、人の気質、言葉などが一気に変わるという。この峠は、雲に覆われていることが多いことから、漢字で「海雲(ハイヴァン)」と書き、道幅が狭い上に、落石、路肩崩れなどが頻繁に発生した交通の難所とされていたが、2005年のトンネルの開通により、安全で美しい峠道となり、人と物流が迅速化した。それにともない、峠の麓で控えめに寄り添うランコー村も、近い将来ベトナム有数のリゾート地に変貌するであろう、大型プロジェクトがスタートしている。
 ダナンからハイヴァントンネルを抜けると、長い砂州の上に小さな家並みが続くランコー村が見えてくる。黄金色に輝く美しい砂浜が続くランコービーチは、仏領時代に保養地だった場所だ。
 ランコー村から車で30分ほど走り、海岸線沿いの林を抜けると、背後には緑深い山並みが迫り、目の前には延々と続くゴールドサンドビーチが広がる。周囲を自然に包まれたこの地はラグーナ・ランコーとして、バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツが手掛けた一大リゾートコンプレックスだ。280ヘクタール(東京ドーム60個分)もの広大なエリアに「Banyan Tree Lang Cô(バンヤンツリー・ランコー)」と「Angsana Lang Cô(アンサナ・ランコー)が隣接し、本物のリンクスを味わえる18ホールのチャンピオンシップ・ゴルフコースにコンベンション施設、更には分譲ヴィラが集合する。

14 「バンヤンツリー・ランコー」のエントランスから階段のアプローチを上がると、そこは別世界が広がっている。バンヤンツリーの真骨頂ともいえる、土地に根ざした文化や風土と、独自の美学を融合したデザインに囲まれた空間は、まるで上質なシルクに包まれているような心地の良さだ。穏やかな風が吹き抜けるレセプションからは、ありのままの自然が美しく目に映る。
 緑豊かな広々とした敷地に、古都フエの伝統的なガーデンハウスをイメージした49棟のヴィラ全てにプライベートジャグジーとプールを完備する。専有面積は最低でも124㎡以上。客室内は、ランタンや漆、刺繍など美しい手仕事を施したインテリアがベトナムらしさを醸し出している。
 数々の賞を誇る名門「バンヤンツリー・スパ」では、300時間以上のトレーニングを積んだ、確かな技術を持つセラピストが、ハンド・ヒーリングで心と身体のストレスをほぐしてくれる。丘の上に立つシグネチャー・レストラン「サフロン」では、南シナ海の絶景を見下ろしながら本格的なタイ料理の数々を。そして一日の最後は、ライブラリー・バーで静かな夜を愉しみたい。滞在が気に入れば、丘の上に立つ1~3ベッドルーム(152㎡~260㎡)のヴィラを購入することもできる。もちろんゴルフやスパの優待特典付きだ。

Angsana Lang Cô

Angsana Lang Cô

 子供連れなどのファミリーやグループでの旅なら、スタイリッシュな「アンサナ・ランコー」がおすすめだ。オレンジを基調としたアンサナカラーに包まれた部屋は、6タイプのカテゴリーに分かれ、一番下のカテゴリーを除き、全ての部屋にプライベートプールが付いている。またリゾート内には、5つのレストラン施設がある。「Moomba(ムーンバ)」で提供される、近海物のシーフード料理、さらにフエ料理と呼ばれるこの地に根付く伝統のベトナム料理は必食だ。
 両リゾート間は、運河で繋がり、ボートで自由に行き来ができる上、どちらの施設もサインひとつで利用出来るので、チェックアウト時にまとめて清算が可能。財布を持ち歩く必要もない。
 また、同敷地内にある「ラグーナ・ランコー・ゴルフクラブ」は、ニック・ファルドが生み出した、海と山の両方を望む美しいコース。スタートしたら18ホールが終わるまでクラブハウスに戻れないワンループコースだ。フェアウェイ脇には稲穂が揺れるライステラスがあったりと、他とはひと味違ったベトナムの美しい自然に囲まれてのプレーを楽しめる。
 世界遺産に登録されているベトナム最後の王朝グエン朝の古都フエまで無料のシャトルバスで1時間、ホイアンまでは1時間20分という立地も悪くない。今後は新たに5軒の名だたる高級リゾートの建設計画もあり、ますます目が離せない注目のリゾートエリアになりそうだ。

■Banyan Tree Lang Cô
Cu Du Village, Loc Vinh Commune, Phu Loc District,
Thua Thien Hue Province
客室:全49棟。眺めによってラグーンプールヴィラとビーチプールヴィラに分かれ、どちらも1ベッドルーム
レジデンス販売価格:1ベッドルームヴィラ 152㎡ (約8,780万円)~
TEL: +84-54-3695-888
http://www.banyantree.com

■Angsana Lang Cô
Cu Du Village, Loc Vinh Commune, Phu Loc District,
Thua Thien Hue Province
客室:全229室。1~2ベッドルームやロフトタイプなどもあり
レジデンス販売価格:プールデラックスルーム88 US$360,000(約3,830万円) ~
TEL: +84-54-3695-800
http://www.angsana.com
※US$1=106.29 円 2014年9月現在

text: Hiromi Suzuki
photo: Ryoichi Sato
special thanks: VIETNAM Airlines
http://www.vietnamairlines.com/wps/portal/jp/
PerfectBOAT 2014年11月号掲載/※データは掲載時のものです]