2018年モデルとして魅力的なミラノモードのサロンクルーザーがデビューした。
「ABSOLUTE 58 FLY」。すべての美の先端を行くイタリア・ミラノ。
そのミラノの南西、アウトストラーダA1で1時間のPiacenzaにモダンなファクトリーを持つ「ABSOLUTE YACHTS」。
神を意味するブランド名を持つこのビルダーには、エモーショナルな刺激がある。




完全なるもの、”ABSOLUTE”
美神の国イタリアに生まれ 急速に支持を拡げる「ABSOLUTE YACHTS」
テクノロジーと芸術性、機能美をすべて備えた、至極の58フッターサロン


 イタリア・ミラノ。モード、アークテクチャー、デザインすべての美の先端を行くそのミラノの南西、アウトストラーダA1で1時間の Piacenza に、「ABSOLUTE YACHTS(アブソルート)」はモダンなファクトリーを持つ。”ABSOLUTE” = “絶対的存在、完全なる自由”。神を意味するブランド名を持つこのビルダーには、エモーショナルな刺激があり、モダンラグジュアリーな装いを纏いながら地中海のマリンシーンに新たな刺激と歴史を刻みつつある。
 創設者の Marcello Be は、40年以上にわたる GOBBY S.P.A での経験をもとに、ナーバルデザイナー Sergio Maggi とともに「ABSOLUTE YACHTS」を2002年10月に立ち上げる。Sergio Maggi は ISS(Integrated Structural Systems)システムハルを採用し、ハルとストラクチャー、インナーの構造物をユニット化し一括生産を可能にした。強度、剛性、スピード、クオリティに秀でたシステムとして評価が高い。創立時から VOLVO PENTA のポッドドライブ IPS を全艇に採用し、新世紀に登場の斬新さと先鋭的なイタリアンビルダーとして話題は尽きない。


 2018年モデルは、フライブリッジ仕様の FLYレンジは「40FLY」「45FLY」「50FLY」「52FLY」「58FLY」「60FLY」「64FLY」「72FLY」。そのニュートレンドが、この「58FLY」。ちなみにロングレンジの NAVETTA は「48」「52」「58」「73」。オープンエクスプレスの SPORT LINE は「40STL」。クーペフォルムの SPORT YACHT は「40STY」「45STY」のラインアップ。
 2018モデルとして登場した「58FLY」、以前試乗した「60FLY」から更にモダナイズされたデザインの生きるフォルムを見せる。ワイドビミーかつ広大なサロンのクリスタルカットのサイドウィンドウ、サロンからの視界拡大のためにカットされたガンネル、ブルワークダウンのブロークンシアライン。こちらもクリスタルカットのバウからミジップまで伸びるシービューウィンドウ。長く伸びたフライブリッジエンド、レーダールーフを兼ねるTバールーフ。モダンでハイテックなイメージは若いエスタブリッシュメントのライフスタイルにシンクロする。
 スイミングプラットフォームはビーチゾーンエリア、アフトコクピットエンドのプラットフォーム側にウェットバーとBBQグリルが用意される仕掛けが斬新だ。これ自体がハイドロアシストでシートイのアクセスやスイミングのアクセスのために水中に上下できる。コクピットへは右舷からのステップでのみ。左舷にはヘッド&シャワーを持つクルーキャビンのドアがあり、このキャビンからはエンジンルームへのアクセスが可能だ。オールチークフロアのコクピットはウォークアラウンドで両舷のキャットウォークからバウのリラクゼーションエリアに繋がる。コクピットの後端、コの字のセティの下にはフェンダーストレージが隠れている。


 グラスドアを開けるとメインフロアはコクピットと一体化したワンルームの心地よい空間が広がる。サロンに入るとそこはダイニング。すぐ左手にフルサイズの大型冷蔵庫と巧みなレイアウトでフル装備のギャレーが用意されている。右舷には6人掛けのダイネッティがあり、前方に一段あがると左舷にコの字型シート、右舷に2人掛けシートのサロンエリアが広がる。全てのソファはソフトなタッチの Ecru Leather。ギャレーとサロンの間には電動スライド可能なパーティションが展開する。
 前方右舷にはパイロットシート2脚のヘルムステーションが展開する。サロンとヘルムステーションが同一空間を作る演出が楽しい。このヘルムからはサイドデッキへのドアがある。カーボンブラックのインスツルメントパネルのコンソールはRAYMARINの17インチGPS&レーダーのモニターと、同サイズのすべてのマネージングモニター、VOLVO PENTA 7インチ EVCタッチスクリーンを中心に機能的なレイアウト美を見せる。革巻き6スポークのステアリングホイールの右に IPSコントロールのスロットルレバー、その右に IPSジョイスティックが効率よく配されている。ヘルムからはフロントのみならずサイドビューも確保され、安心安全のパノラマミックビューが展開する。
 バウデッキはゆとりのスペースが展開される。サンベッドにラウンジシート&テーブルとリラクゼーションの提案がなされる。ガンネルにはシャワーが隠されるなど嬉しい仕掛けがある。
 ロアデッキのナイトエリアはバウに VIPキャビン、右舷には2ベッドのゲストキャビン、ミジップにビームいっぱいのマスターキャビンがある。このオーナーズステート、両舷にシービューウィンドウが広がり、明るくゴージャスなインテリア空間が創造されている。ダークオークのトリムにライトオークのパネルなどが落ち着きを演出しながらモダンイタリアを提案する。キャビン通路にはウォッシュ&ドライマシンが隠される。VIPルームは右舷側を頭にフルサイズのベッドが置かれ両舷のシービューウィンドウからは豊かな採光を得られ心地よい。


 フライブリッジも広々としたエンターテイメントエリアを演出している。新たなチャレンジとして右舷側にたっぷりとしたUシェイプソファにチークテーブルが用意されたダイネッティと、前後に分割されたバウ側にパノラマシートとサンベッドが創り上げられている。ヘルムシート背後にはBBQグリルにウェットバーがパーティギアとして準備される。もちろんTバールーフにはファブリックの電動スライドサンルーフが仕込まれている。
 キャプテンシート2座のヘルムステーションは左舷前方。ホワイトのコンソールにRAYMARINのGPS&レーダーのマルチモニター、VOLVO PENTA のエンジンモニターが並び、ステアリング左にスロットルレバー、その前方にジョイスティックレバーが並ぶ。
 地中海コートダジュールの中心、カンヌ沖でシートライアル。9月初旬の朝8時。天気晴朗、気温17℃。西風6m/s。全長 17.24m、全幅 4.80m、フライブリッジのヘルムに座ると扱いやすいサイズ感に満たされる。P.B.(続きは雑誌で)




ABSOLUTE 58 FLY
全長 17.24 m
全幅 4.8 m
重量 9 ton
エンジン 2× VOLVO PENTA D8 IPS800
最高出力 2× 600 HP
燃料タンク 2,000 L
清水タンク 600 L
スピード Max 32 kt / Cruise 26 kt
■問い合わせ先 
テクノマーレインターナショナル  
TEL: 048-878-6806
www.tecnomare-yachts.co.jp

text: Kenji Yamazaki
photo: Makoto Yamada, ABSOLUTE YACHTS
special thanks: ABSOLUTE YACHTS
TECNOMARE INTERNATIONAL   www.tecnomare-yachts.co.jp
[Perfect BOAT 2018年6月号掲載/]/※データは掲載時のものです]