01_MKT3560cabo_H1_03
03_Y4_5338 2012年6月号で、マイアミでのシートライアルを紹介した「CABO 40HTX」が早くも日本の海にお目見えした。従来のエクスプレスモデルにハードトップをデザインして全天候型にした「Hardtop Express」は、まさしく日本の海にぴったりの仕様。この艇であれば、エクスプレスの運動性や操作性はそのままに、これからの寒い季節でも暖かく楽しめ、夏はクーラーのきいたヘルムデッキでマーリンを追いかけることができる。これはまさに、進化した戦闘機だ。マイアミの海水レシオと違う日本の海でのシートライアル。さて、その実力はいかなるものかと、早速、輸入元「キーサイド」の横浜展事場に急いだ。

05_MKT3515 はじめに結論を言ってしまえば、「CABO Hardtop Express」はまさしく、日本の海にぴったりの新しいコンセプトをもったスポーツフィッシャーマンである。
 CABOと言えばエクスプレスクルーザー。アメリカのスポーツフィッシングシーンで大小のエクスプレスクルーザーが走りまわっている姿が印象的だが、2010年、そのファイティングシップに全天候型のハードトップ仕様が開発された。
 エクスプレスモデルの特徴といえば、特に波の中での操船のとり回しの良さ。これはフライブリッジの高い位置から斜めに海面を見るのではなく、真横から波の高さを認識して走るのに適していることが理由に挙げられる。また実際のビッグモンスター、カジキとのファイティングシーンでも、デッキの高さに差がなくオープンであることから、ヘルムスマンとアングラー、デッキハンドとの意思疎通において、よりきめ細かい一体感で複雑なファイトをものにすることができるといった利点がある。もちろんゲストを乗せてクルージングをする際にも、下のサロンでゲストが何をやっているか分からないということもなく、必然的に全員で海を楽しめるという魅力もある。
06_MG_9472 ただ、エクスプレスモデルは、四季のある日本の場合、様々に変化する海象の中を走る上で、エンクロージャーだけで凌ぐには実はストレスもあった。コクピットを気持ちよく冷暖房しているのに風の強い時など効きが良くない時があったり、天候の急変により荒れた海でしぶきを浴びながら走らされる場合は、エンクロージャーのつなぎ目からスプレーがふりかかってしまったり、はたまたエンクロージャーが曇ってしまったり……。そのような欠点を解決できるのが、この、三方を硬いシェルで包んだハードトップ「Hardtop Express」なのだ。
 しかも、このハードトップは、船の剛性アップにももちろん寄与してくれる。さらに、そのような機能的な面だけでなく、流麗なデザインはそのツナタワーと相まってスポーツフィッシャーマンのプライドを損ねることなく、CABOの確かなクオリティでうまくまとめられている。なぜ今まで開発されなかったのかというくらい、日本の海にとってはありがたいものだと言える。

 この新たな「40HTX」は、スポーツフィッシャーマン入門艇というばかりではない。パワーソースには、スカイフックなどの機能性を備えた、ZEUSのPod driveを搭載。しかも、長年CABOの正規代理店をつとめるキーサイド中川氏の経験と技術から、エンジンは530馬力のYANMAR 6CXを搭載し、日本の実情に合った利便性をも追求している。
 さて、その走りだが…………。(続きは雑誌で)

07_MG_9508 09_MKT3470 10_MG_9397

11_MG_9375 16_MG_9342 17_MG_9475
CABOはそもそもCUMMINS MerCruiser Dieselとは兄弟会社。Zeus Pod Driveとの相性は、その設計段階から煮詰めているから完成度は高い。そこにYANMARをパワーユニットに入れ、より一層日本の実情に合わせた。フルツナタワー、電動で開閉するアウトリガー、収納一杯の広いコクピットデッキ、窓付きのライブベイトウェル、メザニンスタイルのシート、バウキャスティングも考えた広いサイドデッキ、どれをとっても最高のフィッシングを考えた戦闘機。特に、ツナタワーは魚をワッチするばかりでなく、操船も船の挙動がとてもわかりやすくお勧めだ。



CABO 40 HTXr
全長 13.06 m
全幅 4.80 m
喫水 1.04 m
重量 14.06 ton
燃料タンク 2,082 L
清水タンク 360 L
エンジン 2× YANMAR 6CX + ZEUS
最高出力 2× 530 HPM
■問い合わせ先
キーサイド
横浜市金沢区白帆4-3 シーサイドピアビル3F
Tel:045-773-0777
Fax:045-773-074
http://www.quayside.co.jp


CABO 40HTX(カボ40)- Impression



text: Tetsuro Kawamura
photo: Makoto Yamada
[OceanStyle Perfect BOAT 2013年1月号掲載/※データは掲載時のものです]