IMPRESSION

RYBOVICH 36
Hull #58 “SAM V”

フネを愉しみ、メンテナンスを愉しみ、コンクールを愉しむ 慈しみ、愛おしみ、すべてを受容するヴィンテージの理想郷 ... (Read more)

RYBOVICH 37
Hull #2 “Legend”

「Rybovich is Rybovich」と言わしめるRYBOVICHの歴史と芳醇なマリタイムレジェンドを求め... (Read more)

SUPER RIB
SACS Strider 19

インフレータブルボートと言えば、湖の小型船外機付きボートやレスキューのゴム製ボートが思い浮かぶ。ところが、近年、メ... (Read more)

Grace & Elegance
PRINCESS 60

コーストエリアも桜の季節を迎え、マリーナを淡いピンクに染めている。青空とまだ肌寒さを伴う北西風の吹く横浜ベイサイド... (Read more)

Epicurean
SUNREEF 70 Power

2014年カンヌボートショーを席巻していたカタマランのセイルヨットの存在。ザ・レースやアメリカス・カップでのカ... (Read more)

Sense of Wonder
MOCHI CRAFT Dolphin 64 Cruiser

アメリカ東海岸ニューイングランドのロブスターボートからインスパイアされ、2003年秋のジェノバ・ボートショーで... (Read more)

The Emotion!
OTAM Millennium 58 HT

妖しく、危ない、オーラが漂っていた。マットブラックのハルに、デッキやボンネット、ハードトップはゴールドの混じっ... (Read more)

Exceptional Beauty
PRINCESS 64

英国の至宝、「プリンセス」フライブリッジモデルのミドルレンジ「64」が、国内最大艇として登場。真冬の英国と同じ... (Read more)

The4×4 of the Sea
TARGA 27.1

「The 4×4 of the Sea」。北欧の荒波の中で生まれた「Targa(タルガ)」は自らをそう評して憚... (Read more)

GM 6.2L-V8
on Carbon/Kevlar!

日本国内ではまだまだ絶対数の少ないスポーツフィッシングボート、いわゆるセンターコンソーラーだが、アメリカ、特に... (Read more)

Hedonism
WIDER(ワイダー)32

「WIDER(ワイダー)」、日本に紹介するのは初めてのことだ。突然登場した、そのアグレッシブかつアバンギャルド... (Read more)

Magical Express!
シーレイ 370 Venture

「シーレイ 370 Venture(ベンチャー)」、その名のとおりチャレンジャブルなエクスプレス・クルーザーが... (Read more)

Top