Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in

Last-MONSTER_03Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in ブラックシリーズ。
 見るからに、高そうなネーミングである。いつからだろうか。黒がそんなに“お高く”なったのは。おそらく、あのクレジットカードのせいだろうか……。それはともかく、メルセデスベンツの最高峰に位置づけられるAMGブランドの、さらに特別なモデルに与えられた名前が、ブラックシリーズである。
 06年のSLK55(120台限定)に始まり、CLK63(700台あまり)、SL65(350台限定)と続いた。第一弾、第二弾こそ日本未導入ながら、第三弾のSL65ブラックシリーズは12台のみ上陸を果たす。そのお値段、なんと4,880万円。パワースペックは670馬力と、スーパーカー顔負けの存在であった。そして、第四弾となるのが、今回紹介するC63 AMG クーペブラックシリーズというわけだ。
 ブラックシリーズの魅力。それはもうスタイリングを見ただけで分かるはず。実際、オーダーしたほとんどの人が写真だけで購入を決断しているはず(残念ながら、現時点で日本における予定販売台数の50台は行き先が決まっている。生産そのものは台数限定ではなく12年いっぱい作られるようだから、他バリエーションも含めて、新車をオーダーできるチャンスは、まだあるかも知れない)。
 このシリーズで最も特徴的なデザインの要素といえば、ワイドトラック&ワイドフェンダー化だ。ごく当り前に言って、よくてレーシングカー、悪けりゃ暴走族風の出で立ち。もちろんそれは、単なるお飾りや虚仮威しではない。あくまでも、特別なパフォーマンスを実現するために、車輪間隔を広め、より太い高性能タイヤを履き、それを収めるためにフェンダーを叩きだした。攻撃的なフロントマスクも、派手なリアウィングも、すべては、C63 AMGをもっと速く走らせるための、必須アイテムにほかならない。

Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63AMG Black Series in S しかも!インテリアを覗けば、なんとそこには、レーシングカーも顔負けのカーボンファイバー製バケットシートが2脚収まっているだけじゃないか。これでジャングルジム(ロールバー)でも入っていれば、誰もストリートリーガルマシンだとは思うまい。もっとも、オーナーが望めば、ベースシリーズのC63クーペと同じ4座のスポーツシートとすることも可能なのだが。
 見てくれだけじゃない。これがファイナルスペックとなるであろう、珠玉のAMGオリジナルユニット、6.2リッター自然吸気V8エンジンは、517hpという途方もないパワーを供給するに至った。恐らく、もう二度と現れることのない、伝統的な自然吸気大排気量ビッグパワーエンジン。コレクターズアイテム化は火を見るより明らかで、十年後にはベンツファンにお馴染みの500E以上の存在になるやも知れぬ(ただし、ガソリンがまだ使えたとして)。

Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG in Laguna Seca/S そのパフォーマンスはといえば、これがもう、スーパーカーのSLS AMGを背を高くしたようなもので、ほとんどツーリングカーマシンである。恐ろしく速いが、恐ろしく安定していて、ノーマルのC63 AMG クーペのように、気軽にケツを流して楽しむ、なんてやんちゃな遊びが難しい。逆にいうと、明日からすぐスリリングなドライビングを楽しみたいという向きは、ブラックなど眼中におかず、フツウのカードを切るべきだ。ノーマルのC63 AMG クーペ(1,085万円)なら、アクセル操作ひとつで愉快な走りに持ち込める。
 サーキットを高性能車で走りなれた向きには、これほど面白く走れるハコのロードカーは他にない。C63やE63をサーキットで転がすことが世界的に流行っているらしいが、そういう人たちのステップアップカーもしくは終着点、もしくはレースカー前の登竜門として、このブラックシリーズは生まれたのかも知れない。 
 お値段千五百万円は、だから、破格。ブラックシリーズという名前とその価格を天秤にかけて、見ることもとりあえず、オーダーした200人以上のAMGファンと、購入できることになった50人の幸せ者たちに、今はただ尊敬と羨望の眼差しを贈るのみ、である。


Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG in Laguna Seca/S C 63 AMG Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in
Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in Mercedes-Benz Fahrvorstellung des neuen C63 AMG Black Series in

C63 AMG クーペのボディを大胆に広げたブリスターフェンダーに、迫力あるエアロパーツの数々。そしてツーリングカーを思わせる巨大なリアのカーボンウィング(オプション)と、2座のフルバケットシート(4座スポーツシートも選択可)が、ただ者ではないキケンなオーラを放つ。AMG珠玉の「M159」 6.2リッター自然吸気V8エンジンは、517hpのパワーと620Nmというトルクを発揮。0-100km/h加速4.2秒、最高速度300km/h(リミッター作動)というスピード性能はライバルに比べやや控え目だが、サーキットから直接フィードバックされたサスペンションがスピード以上の鉄壁ともいえるスタビリティを実現する。


Mercedes-Benz C63 AMG Coupé Black Series
全長 4,764 mm
全幅 1,997 mm
全高 1,388 mm
ホイールベース 2,765 mm
車両重量 1,710 kg
エンジン形式 V型8気筒 DOHC 32バルブ
総排気量 6,208 cc
最高出力 380 kW(517hp)/ 6,800 rpm
最大トルク 620 Nm / 5,200 rpm
最高速度 300 km/h(リミッター作動)
車両本体価格 15,000,000 円
■問い合わせ先
メルセデス・コール
TEL: 0120-190-610
http://www.mercedes-benz.co.jp


text: Jun Nishikawa
photo: Mercedes-Benz
http://www.mercedes-benz.co.jp
[Perfect BOAT 2012年2月号掲載/]/※データは掲載時のものです]