SEARAY 370 Venture_1

SEARAY 370 Venture_H1

「シーレイ 370 Venture(ベンチャー)」、その名のとおりチャレンジャブルなエクスプレス・クルーザーが登場した。全長11.33m、全幅3.43m。シーレイの同クラスには「370 サンダンサー」もあるのだが、「ベンチャー」のキャラクターは新鮮そのもの。一見すると、シーレイ特有の流麗なラップアラウンドフロントウインドウを有する、スポーティなフォルムのインボードかインアウトのオープンエクスプレス艇だ。だがそこには、既成概念を覆す愉しさが隠されていた!

SEARAY 370 Venture_4 芦屋マリーナのビジターバースに、彼女は舫われていた。上から全体を見下ろしていた。繊細さを感じさせるオープンエクスプレスの形がそこにはあった。白いハルに濃紺のキャラクターラインが入り、実にアクティブな印象を漂わせている。
近づきスイミングプラットホームから乗り込んでみる。アフトデッキ後端に左右独立したサンデッキがある。そのセンターから前方にあるオープンサロンに入る。右舷にはウェットバーに冷蔵庫にセッティが擁され、左舷はコの字型のソファにウッドテーブルとゆとりの広がりがある。その前方右舷に2人掛けボルスターシートのヘルムがあり、左舷にはサンベッド兼用のリラックスシート。逆ゾリしたスポイラー=レーダーアーチ、更にアフトデッキを含むフロアにはチークが貼り込められ高級感の演出も忘れない。
ヘルム脇からコンパニオンウェイを降りると、左舷に大型冷蔵庫に電子レンジを持つギャレーがあり、右舷には使い勝手のよいヘッド&シャワールームがある。バウにVバース、ダイネッティにもセンターのウッドテーブルを使えばWベッドにもなる空間が広がる。
振り返りミジップを見て驚く。ビームいっぱいに広がったメインステートがあるからだ。アイランドタイプの優雅なWベッドに、ロングソファが用意されている。まるで45フィートクラスの設えだ。舷窓は幅広く取られ、水面との一体感をも醸し出している。

SEARAY 370 Venture_3 改めてヘルムに座る。6,000rpmまでのレブカウンターが左右に、左舷側スロットルにはチルトスイッチが……。まさか!?
なんと、リアエンド、サンベッドの下左右に、300hp MERCURY Verado 300CXL with DTSが2基隠れているではないか! 実はヤマハSR310がそうなように、アウトボード艇だったのだ。SR310はスケルトンでエンジンを見せているが、こちらはコンシールドアウトボード、完全に隠されている。「370 Venture」は、エンジンルームがない分スペース効率がよい、パッケージングコンシャスなエクスプレス艇として誕生したのだ。ジェネレータはKohler 5kwを搭載しエアコンも効く。そしてアコモデーションでは、ひとクラス上のインボード艇のスペースが可能になった。
チョッピーな波の立つ神戸空港沖でシートライアル。乗り出して気付くのは、静寂さとバイブレーションと無縁の滑らかさだ。決してトルク感ある走りではないがスムーズなしつけがある。デッドスロー700rpm-4.5ノット、2,000rpm-6.3ノット、3,000rpm-8.4ノット、4,000rpm-12.0ノット、プレーニングし始める。4,500rpm-15.3ノット、5,000rpm-26.7ノット。クルージング速度5,500rpm-28.8ノット。6,000rpm-32.8ノット、トリムで若干バウを下げ、チルトを少し蹴り上げる。Max6,400rpm-35.2ノット。パワーアシストのステアリングは素直な軽さだ。転舵時の切り込みと同時に始まるバンクの小気味よさは、トランサムデッドライズ18度の新設計専用ハルの挙動として軽快感を最後まで失わないのがいい。シャローな海での走行やビーチングやメンテナンス性等、アウトボード艇の利点を生かしながらインボード艇の華麗さを合わせ持つこの設計、ありだと思う。

SEARAY 370 Venture_8 SEARAY 370 Venture_7 SEARAY 370 Venture_6
SEARAY 370 Venture_10 SEARAY 370 Venture_9 SEARAY 370 Venture_5
■インテリアのテーマはヨーロピアンシック。バウにVバース、ダイネッティにもセンターのウッドテーブルをはずせばWベッドにもなる空間が広がる。ミジップにはビームいっぱいに広がったメインステートがあり、アイランドタイプの優雅なWベッドにロングソファが用意されている。ギャレーには大型冷蔵庫、シンク、電子レンジ、コーヒーメーカーが用意され、オプションで電気コンロも。床材は最新トレンドのチェリー。素材を生かした、モダンリビングの最もレアな貼り込みがなされている。

■オープンエクスプレスのスタンダードを創造してきたシーレイの楽しい仕掛けと安心が広がる。アフトのサンデッキの下に隠されたのは、2基の300hp MERCURY Verado 300CXL アウトボードエンジンユニット。スーパーチャージド 2.6Lインライン 6エンジン。1基305kgと軽量。ハッチを閉じてしまえば、いったい誰がアウトボード2基掛け艇と思うだろうか!
SEARAY 370 Venture
全長 11.33 m
全幅 3.43 m
重量 7 ton
燃料タンク 840 L
清水タンク 117 L
船外機 2× Mercury Verado 300
最高出力 2× 300 HP
価格 48,643,200円 (新艇・税込)
※試乗艇価格は要問い合わせ
■問い合わせ先 アインスAリゾート
TEL: 072-224-4040
http://www.eins-a.jp
SEARAY 370 Venture

text: Kenji Yamazaki
photo: Makoto Yamada
special thanks: ASHIYA Marina
http://ashiya.marinajapan.jp
Eins A Resort
http://www.eins-a.jp
[Perfect BOAT 2014年10月号掲載/]/※データは掲載時のものです]